小松菜は栄養のバランスがよくて性能がいいな

小松菜はしばらくジュースにして飲んでいたことがあります。ホウレン草のようなアクがなく飲みやすいです。カルシウム、鉄、β-カロテン、ビタミンE、葉酸、ビタミンCが入っていてなかなか性能がよい野菜です。

小松菜

スポンサーリンク
レクタングル大

小松菜は東京の野菜

小松菜は中国が原産。江戸時代に、東京の(江戸川区)小松川付近で栽培されていたことからこの名前がつけられました。

厳冬期以外、1年中種まきができるのが特徴です。私が小松菜が好きで、八百屋さんでよく買います。ただ、ここ数年大雨の影響で値段が高い時が多いです。

プランターでも育てやすい野菜らしいので、自分でつくってもよいかもしれません。春と秋に種をまくと、90日前後で収穫でき、夏なら30日前後、冬なら110日前後で収穫できるそうです。

小松菜の栄養成分

なかなか性能がよい野菜です。カリウム、カルシウムが多く、鉄分も2.8mgあります。カルシウムは野菜の中でトップクラスです。ほうれん草の49mgよりも3倍以上あり、牛乳の110mgよりも多いです。

骨粗しょう症が問題になっていますから、鉄分補給とあわせて特に女性が食べているとよい野菜ですね。

β-カロテンもニンジンの8600μgほどではありませんが、多いです。α-トコフェロール(ビタミンE)はビタミンCと一緒に抗酸化のために働いてくれます。

葉酸はほうれん草ほどではありませんが、おひたしにすれば、1日の推奨量250μgに手が届きそうです。

100gあたり栄養成分(出典
こまつな葉生
カロリー 14kcal
水分 94.1g
たんぱく質 1.5g
脂質 0.2g
炭水化物 2.4g
カリウム 500mg
カルシウム 170mg
マグネシウム 12mg
リン 45mg
2.8mg
亜鉛 0.2mg
β-カロテン 3100μg
レチノール活性当量 260μg
ビタミンD 0
α-トコフェロール 0.9mg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.13mg
葉酸 110μg
ビタミンC 39mg
食物繊維総量 1.9g

生で食べてみる

以前、出勤前に小松菜ジュースを飲んでいたので生で食べられることは分かっています。しかし、一方では固定観念で、繊維がかたいからおひたしにするするのだろうとも思っていました。こういう時は、調べるに限ります。

クックパットで検索すると、おいしそうな小松菜サラダがでてきました。

てんこ盛りの生サラダを毎日食べると 本当に身体が軽くなります(o⌒∇⌒o)

材料は以下の通りです。

  • 小松菜2本
  • キャベツ130g
  • 淡路の玉ねぎ1/4
  • 黒すりごま大さじ1
  • 薄口醤油 大さじ1
  • ポッカレモン大さじ1

小松菜は5cm幅に切って、キャベツは千切り、たまねぎは薄くスライスしてあえるようです。こういうことは自分でやってみないとどんな味になるのか分かりません。

小松菜の保存方法

小松菜は湿らせた新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。その時に立てて、葉を上の方にして保存すると長持ちします。

まとめ

自分で調べると本当によいですね。小松菜をもっと食べようという気分になります。小松菜はくせがないですから、和風にも洋風にも料理できます。

しかし、まずは生でサラダにして食べてみようと思いました。また、おひたしにするために茹でる時も、本当に短時間でよいのだなと分かりました。

スポンサーリンク
レクタングル大