パセリはたくさん食べないけれど栄養成分は濃い

この記事では、パセリの選び方。パセリの栄養成分。茎を捨てないで使うこと。そしてパセリの効果。保存方法についてお知らせします。

パセリの栄養成分は相当に濃いです。

パセリ

子どもの頃、パセリを初めて食べたのは、ポテトサラダをはさんだサンドイッチに入っていたのだったか。それ以来、口の中に広がる清涼感と苦みが好きだなと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル大

パセリの選び方

葉がみずみずしく緑色が鮮やかなものがよいです。茎もシャキッとして張りのあるものが新鮮。

パセリの栄養成分

パセリは生と乾燥させたスパイスを調べてみました。生もすごいですが、スパイスもすごいですね。スパイスを買ってきてもよい感じです。

カリウム、カルシウム、マグネシウムもあり、鉄、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維もとても多いです。β-カロテンから計算できるビタミンAの効力はレチノール活性当量で表されますが、生でもほぼ1日の推奨量を満たしています。

ただ、普段、一度に100g食べることはありませんね。

口に入れてもアクが残るわけでないので、生で100g食べてもきっと平気だと思いますけれども。私は大丈夫。

100gあたりの栄養成分(出典
パセリ葉生 パセリ乾
カロリー 43kcal 341kcal
水分 84.7g 5.0g
たんぱく質 4.0g 28.7g
脂質 0.7g 2.2g
炭水化物 7.8g 51.6g
カリウム 1000mg 3600mg
カルシウム 290mg 1300mg
マグネシウム 42mg 380mg
リン 61mg 460mg
7.5mg 17.5mg
亜鉛 1.0mg 3.6mg
0.16mg 0.97mg
βカロテン 7400μg 28000μg
レチノール活性当量 620μg 2300μg
ビタミンD 0 0
α-トコフェロール 3.3mg 7.2mg
ビタミンB1 0.12mg 0.89mg
ビタミンB2 0.24mg 2.02mg
葉酸 220μg 1400μg
ビタミンC 120mg 820mg
食物繊維総量 6.8g

アピオール

パセリのすっきりした強い香り成分には、消化を助けて食欲を増進させる働きがあります。ほかには、口臭を予防したり、食中毒を予防する効果も期待できます。

腸内の悪玉菌の増殖を抑え、整腸にも効果的だと考えられています。

パセリの茎を使う

パセリをたくさん買ってくることはたまにあります。ただ、使うのは葉っぱの部分でも、パセリの束にはたくさん茎がついてきます。

捨てるのはもったいないと思いつつも、せいぜいみじん切りにして何かに加えるくらいしかアイディアがありませんでした。

クックパッドで探してみると、まろやか酢~パセリの茎を捨てないで!~がありました。

1週間漬けこめば、つんとしないまろやかなお酢に変身します。マリネやドレッシング、酢の物など使い道いっぱいの万能酢です。

お酢の風味づけにパセリの茎を使うのです。これはよいですね。ローリエも入れれば独特の爽やかな風味がつきます。材料を入れて1週間たてばできあがり。にんにくが必要でなければ入れなくてもよいのです。

考えてみると、ピクルスなんか香りづけのスパイスの類いがいろいろ入っていました。

材料

  • 醸造酢 200㏄
  • ローリエの葉 2枚
  • パセリの茎10本程度
  • にんにく(お好みで) 1かけ

また、◎捨てないで!パセリの茎もパセリです!◎では、パセリの茎を小口切りにして冷凍しておき、必要な時に香りづけのために使うことが紹介されていました。

ブーケガルニに使うくらいしかなくて、捨てちゃってませんか!? 細かく刻めばちゃんとハーブとして使えるんです!!!

葉の部分より香りと食感が強いので、マッシュポテトやパスタなど加熱するお料理に使うのが特におすすめです、と書かれていました。

パセリの効果効能

薬剤師であり、あん摩指圧マッサージ師でもある橋本紀代子先生のたべものはくすりにはこのように書かれていました。

貧血の予防に

パセリの鉄分は、すべての野菜、くだものの中でトップ。コマツナも顔負けの野菜です。女性は生理の関係でどうしても貧血になりやすく、少ない量で鉄分の補給ができるパセリは貴重な野菜です。

パセリはビタミンCが非常に多い野菜でもあります。ビタミンCは歯や骨や結合組織の形成に関与し、毛細血管を丈夫にし、体の発育になくてはならないビタミンです。

血液浄化

ドイツは緯度が高く、冬になるととても寒いので、緑の野菜がきわめて少なくなります。ソーセージや乳製品、野菜といえばジャガイモという生活です。

ですから、春になるとたくさんの野草を食べる春季療法がおこなわれ、毒素のたまった体をきれいにするというわけです。

タンポポやパセリなどは、体の毒素を尿や便として排泄し、きれいな血液をつくるくすりとして扱われてきました。

また、ヨーロッパの伝統医学である植物療法では、パセリの果実を利尿剤として用いています。アメリカの食養家はジュース療法の本の中で、パセリは「神経衰弱、眼病、腎臓病、血管病に有効」であると書いています。

また、自分で採れる薬になる植物図鑑にはこんなことが書かれていました。

パセリの葉にはビタミン類やカルシウム、鉄が豊富である。また精油成分でパセリ特有の香りのもとであるアピオールは食欲を刺激する効果がある。

疲労回復、食欲不振、貧血、生理不順などには1日量を30gとして、葉を生食するか、ジュースとして飲む。

アピオールには食中毒を防ぎ口臭を抑える働きもあるので、食事の後に葉を少量食べるとよい。

打撲やねんざなどには、葉を刻んで患部にのせ、冷やしたタオルを当てると腫れがひく。

パセリの保存方法

乾燥に弱いので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。コップなどに水を張り、そこに柄の根元を切ってから挿しておくと長持ちします。

みじん切りで使うなら、茎がついたままポリ袋に入れて冷凍し、凍ってから取り出して葉の部分をもむとこなごなになります。みじん切りで使うつもりなら、こんな方法もあります。

まとめ

いつも行く八百屋さんは、ちょっとした市場の規模で、周辺の飲食店が仕入れに来ます。パセリや大葉をまとまった量で買うこともできます。もちろん、とても安いです。

肉を焼いて、パセリばかり大量に食べてみることも可能です。どのくらい一度に食べたら嫌になるかやってみても面白いかもしれないなと思いました。

アクが強いと口の中に残るのですぐに嫌になってしまいますが、パセリは香りが強いですが、それほどアクが強い感じはしません。

一度にたくさん食べてみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大