大豆

トマト

超健康! 若返る! ラクうま「水煮缶」ダイエットを読んだ

水煮缶は使いやすいです。さば水煮缶、さけ水煮缶、トマト水煮缶、大豆水煮缶は、糖質オフメニューがすぐに作れて、カロリー計算も簡単。栄養価が高く健康に役立つ使い方ができる缶詰です。
大豆

大豆の自給率はなぜ低いのか?

大豆は明治時代までは自給自足できていました。しかし、満州で大規模生産するようになると、国内の農家はつくっても儲からなくなり栽培するのを止めます。戦後は、アメリカから安く入って来ましたが、その後、大豆が不足する事態になり、ブラジルで生産してもらうようになっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました