圧力鍋セブエース(SEBace)のパッキンが入手できた(2019年7月)

2ヵ月前、実家の大掃除をしていたら未使用の圧力鍋が出てきました。SEBaceというフランス製のステンレス4.5Lのものです。

保証書には平成10年の日付が入っていたので、1998年。21年前の商品で、もちろん今はセブというメーカーはありません。吸収されたのか新たに立ち上げたのかわかりませんがT-falになっています。

保証書には、3213 78 SEBACE S/S 4’5L 06 98と型番が入っていました。

うちでは玄米を食べているのと納豆をつくっているので、圧力鍋はずっと使っています。これまで使っていたのは、後輩の結婚祝いのお返しにもらったギフトブックから選んだもので、サイズが少し小さいもので4合ギリギリ炊けるものでした。

10年以上使っていて、あちこち傷んできていたので新しい鍋を入手できたのはグッドタイミングで、早速使ってみました。ところが、ゴムのパッキンが(20年も経っているので)未使用のまま経年変化を起こしていたのか、空気が漏れるのです。

しばらく漏れたままにしていると、密閉されておもりから蒸気が出始めるのですが、だんだんその時間が長くかかるようになり、どうもパッキンを交換しないと使えない状態になりました。

それでネットで探すとグループセブ ジャパン 部品注文センターが見つかりました。

ティファール 部品注文センター | T-fal Japan
ティファールの部品注文センターについて。製品の最新情報をお届け。毎日の家事をもっと楽しく、もっとラクに!T-fal(ティファール)公式サイト。

0570から始まる番号なので、スマホでカケホーダイの方は別途料金がかかります。それが注意事項です。0120から始まるフリーダイヤルにかけるのとは違うのでご注意下さい。

電話してみると、オペレーターから型番や外観などについてかなり詳しく聞かれ、無事パッキンが手に入ることがわかりました。

スポンサーリンク

もう重りは入手できない

その時に、ついでに聞いたのですが、この圧力鍋に2つ付いてくる重り(赤い線が入ったものと緑の線が入ったもの)は、製造終了でもう入手できません。

また、ハンドル(取っ手)は、まだ在庫があるそうでした。SEBaceのハンドルもパッキンも加圧に関係がある部品なのでよかったです。

電話では1週間以内に送ってくれるということでしたが、2日後に届きました。もともと付属していたのは黒いゴムの固いパッキンでしたが、送られてきたのはグレーの柔らかい素材のもの。

ためしに水を入れて火にかけてみるとすぐに加圧するようになりました。備忘録的に記録しておいたほうがよさそうな画像をアップしておきます。

直径220ミリで、4.5Lと6Lの鍋に合うサイズのようです。電話で鍋がステンレス製とアルミ製の違いの確認もされました。磁石をつけてみて下さいと。パッケージにもある通り、これはステンレススチール用と書かれています。

私が入手したのはSensorTMタイプの鍋です。ご参考まで。

タイトルとURLをコピーしました