卵の殻からカルシウムを摂る

卵の殻は捨ててしまっていましたが、カルシウム源として見ると、過剰摂取が心配になるほどなかなか優秀であることが分かりました。しかも味もほとんどありません。ただし、病原菌がついているので、自分でためすときは注意が必要ですよ。

卵殻

続々 食べ物さん、ありがとうを読みました。このシリーズはとても読みやすく、しかもヒントに満ちていて、時々読み返すといつも何かしら発見があります。

スポンサーリンク
レクタングル大

玄米にはリンが多いのでカルシウムが必要なんだ

私は普段玄米を食べています。玄米にはリンが多いを書いたことがあり、つい最近それを思い出していたところでした。

玄米を食べ始めて10年以上になります。最初は普通に圧力鍋で炊いていましたが、3年くらいまえから発芽するまで水に浸けて発芽玄米にして食べていま...

それでリンとバランスを取るためのカルシウムについて無意識に考えていたようです。リンが増えるとカルシウムが体から出ていってしまいます。

今回読み直すと、卵の殻の話が自分の中で引っかかりました。

卵の殻を食べる話が出ていた

卵の殻を食べるなんて、考えたことがありませんでした。今まで何度か読んでいますが、印象に残っていませんでした。

先生 私の背骨の上から十三番目は、若い頃、柔道や落馬で三度も傷めつけていますし、十年前の大病でもやられています。

マラリアが攻撃をかけてくるとすれば背骨だと思って、先手を打ったのです。

サンペイ 十年前もアフリカで?

先生 いいえ、その時は帰国後の発病でした。アフリカにいるあいだは、私の体力の強さに、菌もウイルスも雌伏していたようでした。

それが、帰国後、何やかやと殺人的に忙しく、睡眠時間も思うようにとれない日々が続き、体力が弱ったとき、爆発的に活動を始めたのです。

桜美林大学(東京都町田市)へ行く小田急線の中で、急にガタガタと震えがきて、やっとの思いで大学にたどりついたら、バアーッと高熱が出て、倒れてしまったのです。

上から十三番目の骨が、今川焼きを踏みつぶしたようになっていることがわかりました。

手当たりしだいに注射を打ち、なんとか熱は下がり、背骨の病気の進行もくいとめることができたのですが、問題は、骨の再生でした。

十九、二十歳の成長盛りなら再生も可能ですが、なにぶん八十歳を過ぎていましたから、普通なら老化現象で、骨がどんどんもろくなっていく年代です。

骨の再生は、ほとんど不可能だと医者から言われました。

サンペイ で、先生は栄養学者のメンツにかけて骨を再生してみせよう、と発奮なさった。

先生 そのとおりです。そこで、骨をつくるのに必要なカルシウムを大量に補給し、ビタミンD剤を飲み、裸で日光浴をする、という作戦をたてたのです。

サンペイ 裸で日光浴というのがいいですね(笑い)。

先生 日光には、体内でビタミンDを作る作用のほか、今の科学ではまだ解明されていない、いろいろな作用がある、と私は信じています。

日光浴は、できるだけする方がいいと思います。

サンペイ カルシウムはどのくらいおとりになったのですか。

先生 食べものと薬剤の両方でとりました。枕元に煮干しとトロロコンブをおいておき、口がさびしいときは時をかまわず食べました。

それに卵のカラ、卵の中身を食べたあとのカラを、よくあらって、乳鉢ですりつぶして飲みました。

サンペイ どのくらい続けられたのですか。

先生 五ヶ月後、レントゲンをとりましたら、骨は再生し、すっかり固まっていました。主治医は、奇跡だと言っていましたよ。

卵殻カルシウムは優秀らしい

卵の殻のカルシウムについて調べ始めると、すぐにキューピータマゴのたまごの殻のひみつが出てきました。とても面白いページです。是非、読んでみてください。

特にすごいなと思ったのは以下の箇所です。

リンとカルシウムの比率は1:1が望ましいとされ、リンの割合が多いとカルシウムを体外に排出すると言われています。

しかしリンの平均摂取量はカルシウムよりも多いため、カルシウム源として摂取するものはリン含量が少ない方が望ましいと考えられます。

卵殻カルシウムはリン含量が少ないため、理想的なカルシウム源と言えます。

卵殻カルシウムにはリンが少ない

一緒に表が載せられていました。卵殻カルシウムにいかにリンが少ないか分かります。

同量のカルシウムを摂取した時のリンの摂取量の比較
(卵殻カルシウムを1とした時)
卵殻カルシウム 1
牛骨粉(焼成品) 256
牛乳※ 209
※「七訂日本食品標準成分表」より改編

タマゴ1個の殻にどのくらいカルシウムがあるのか

卵を食べた時、今までは殻は捨てていましたが、この殻にどのくらいカルシウムが含まれているのでしょう。キューピーに電話して聞いてみました。

次のように教えていただきました。

  • 卵1個の重さのだいたい1割が殻の重さです。
  • MサイズはJAS規格で1個58g以上64g未満です。
  • 1個61gとすると、卵の殻の重量は約6g
  • 殻の重量の約34%がカルシウムの重量になります。
  • 従って約2gがカルシウムの重量です。

数字に多少変動はあっても、カルシウム源としては、なかなか有望です。一気にやる気になってきました。

卵1個の殻は、重量の約34%、約2g程度のカルシウム源となる。

サイトの中身も紹介させていただいたので、感謝の気持ちを込め、キユーピー 元気な骨 を紹介させていただきます。もちろん、卵殻カルシウムです。お米2合に1袋ずつ入れて炊くそうです。

ところでカルシウムの1日の必要量などをさらっておきましょう。

カルシウム1日の必要量

日本人の食事摂取基準(2015年版)には次のように基準が設定されていました。

カルシウムの食事摂取基準(mg/日)
性 別 男 性 女 性
年齢等 推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 200 200
6~11(月) 250 250
1~2(歳) 350 450 350 450
3~5(歳) 500 600 450 550
6~7(歳) 500 600 450 550
8~9(歳) 550 650 600 750
10~11(歳) 600 700 600 750
12~14(歳) 850 1000 700 800
15~17(歳) 650 800 550 650
18~29(歳) 650 800 2500 550 650 2500
30~49(歳) 550 650 2500 550 650 2500
50~69(歳) 600 700 2500 550 650 2500
70 以上(歳) 600 700 2500 500 650 2500
妊婦
授乳婦

実際に1日どのくらいカルシウムを摂取しているのか

実際の食生活については、平成27年国民健康・栄養調査結果の概要を見ると分かります。育ち盛りの年齢層のカルシウム摂取量は明らかに少なく、われわれ中高年ではやや不足していることが分かります。

上で紹介した、キューピーの元気な骨は、カルシウムの供給量としてなかなかよい線行っています。

(1人1日あたり平均値)
解析対象者 人数 カルシウム(mg)
総 数 7,456 517
1- 6歳 353 436
7-14歳 597 657
15-19歳 334 505
20-29歳 470 449
30-39歳 709 437
40-49歳 1,035 456
50-59歳 959 496
60-69歳 1,373 560
70歳以上 1,626 557
(再掲)
20歳以上
6,172 509

耐容上限量が設定されているので、過剰摂取があるということです。

カルシウムを摂りすぎるとどうなる

過剰摂取について、日本人の食事摂取基準(2015年版)には次のように書かれています。

カルシウムの過剰摂取によって起こる障害として、高カルシウム血症、高カルシウム尿症、軟組織の石灰化、泌尿器系結石、前立腺がん、鉄や亜鉛の吸収障害、便秘などが挙げられる。

耐容上限量に注意する

耐容上限量が設定されていますが、これについて少し注意が必要です。

なお、この値は摂取の目標とするべき値ではない。

また、日本人の通常の食品からの摂取でこの値を超えることはまれであるが、サプリメントなどを使用する場合に注意するべき値である。

2008 年、2010 年に Bolland MJ らはカルシウムサプリメントの使用により、心血管疾患のリスクが上昇することを報告している。

この報告に対しては様々な議論があるが、通常の食品ではなく、サプリメントやカルシウム剤の形での摂取には注意する必要がある。

また、ビタミン D との併用によってはより少ない摂取量でも血清カルシウムが高値を示すこともあり得る。

卵の殻からカルシウムを得るには?

われわれ日本人は生卵に醤油を入れて卵かけごはんを食べますが、卵の殻に雑菌が多いことは、小学校の家庭科や中学の保健体育でも習った記憶があります。

サルモネラ菌がいると習ったことを覚えています。

そんな卵の殻をカルシウム源にするには、加熱する必要があります。幸い、卵の殻に味がないことは今までいくつも食べてきたゆで卵から経験済みです。

新しい卵をゆでると、殻がきれいにむけないことがあり、多少殻が口に入りガリガリすることがありますね。

ゆで卵をつくってむいた殻をトースターで焼く

どなたでも考えられることだと思いますが、ここから先は、私ならこうするという話を書きます。決しておすすめはしません。ご自分でおやりになる場合はくれぐれもご注意下さいね。

まずは、沸騰したお湯に卵を入れて固ゆでのゆで卵を作ります。

殻をむいてそのまま殻を食べてしまうのはさすがに無理があります。そして、卵1個の殻から2g程度のカルシウムが摂れると考えれば、毎回食べていると過剰摂取になるでしょう。

そうすると、乾燥させて粉にした方が使いやすいです。乾燥させるには、フライパンで煎るかトースターで焼いて乾燥させると熱消毒は確実になるでしょう。

粉にするには、乳鉢を使うか電動コーヒーミルで挽いてしまうと簡単に粉にできます。乳鉢は、東急ハンズの実験器具売り場に行くと買えます。

乳鉢は理科の実験で使うものです。たとえばアマゾンでは、アーテック 乳鉢 164022 乳棒付 120mmというのがありました。

私はカレーを作るのが趣味なので、同じ120mmサイズのものをホールスパイスを砕くために持っています。卵の殻ならにおいがしないので、電動コーヒーミルも使えます。

そして、できた粉1gの34%、340mgがカルシウムだと思って、測りながら加減して使うとよいと思います。

カルシウムの摂取量にはもちろん個人差があります。私の場合は、牛乳は飲まないし、煮干しも小松菜もあまり食べていません。

粉にすると、何かに混ぜてしまえばよいので使いやすいですね。

まとめ

卵の殻は約34%がカルシウムです。卵の殻にはリンが少ないので無駄の少ないカルシウム源になります。

もし、自分で卵の殻を使おうと思ったら、雑菌対策が必要です。ゆで卵の殻を使う、その殻をさらにから煎りしたり、トースターで焼いて乾燥させるなどした方が安心です。

また、カルシウムは、過剰摂取すると害があります。卵の殻には意外とカルシウムが多いので、いい加減にしないで、きちんと測りながら使うのがよいです。

スポンサーリンク
レクタングル大