クローブ(丁子)の効果:カレーに使うスパイス

クローブ(丁子)の効果は、胃腸や泌尿器系を温める。歯痛を抑える。防腐効果があります。

クローブ

クローブは丁子、丁字(ちょうじ)、丁香(ちょうこう)とも呼ばれます。独特の芳香があります。かなり強い香り。

私は渡辺玲さんのカレーな薬膳を長年教科書にしているので、チキンカレーを作る時にクローブを使います。

また、週に2~3回食べに行っていた神保町のエチオピアのチキンカレーにも入っていました。

疲れた時にはカレーに限る。暑い寒いは関係ない。体力が落ちているときには、刺激を与えて体温を上げた方がよいのだ。以前、寒い季節に風邪を引いた。生半可な知識で、カレーは体を冷やすからラーメンがよいだろうと味噌ラーメンを食べに行ったことがある。味

クローブにはどんな効果があるのでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル大

口臭を消す、胃腸系、泌尿器系を温める

ハーブ&スパイス事典: 世界で使われる256種を読むと大まかにまとめられています。

最も古い記録は古代中国の文献にあり、宮廷の役人たちは皇帝に話しかける際、クローブを口に含んで口臭を消したといわれている。

アメリカでは焼きハムの周りに添えたり、ドイツではパン生地に加えるなど、さまざまな味の料理に使用。インドネシアではタバコの葉にクローブを合わせた香り高いタバコが好まれている。

インドでは、歯が痛いときに口に含んで痛みを抑えることも。胃腸系や泌尿器系を温める生薬として、しゃっくりや嘔吐、下痢、腹部の冷えや疝痛に処方される。

精油成分には鎮痛のほかに防腐作用があり、食用以外にもタンスの芳香剤代わりに用いることもある。

クローブはびっくりするくらい芳香が強いので、口臭を消すために使われていたのはよくわかります。

歯痛を抑える鎮痛作用がある

世界一やさしい! 野菜薬膳食材事典にはこんな説明がありました。体を温めるスパイスに分類されていました。

和名は丁香(ちょうこう)。肉料理の風味付けやカレー、マルド・ワイン(クローブ、シナモン、オレンジピールなどを加えて温めたワイン)に使われます。

抗菌、鎮痛作用があり、歯痛にも用いられます。おなかを温めて吐き気を鎮め、冷え性にも。

私はほとんど使った記憶がありませんが、昔からある歯痛薬に今治水(こんじすい)があります。この主成分がクローブです。昔はむし歯の子どもが多かったので、小学校の保健室にありました。

芳香はオイゲノール

さらに薬のルーツ”生薬” -科学的だった薬草の効能-を読むともう少し分かりました。

麻酔効果を発揮する植物には、「今治水(こんじすい)」として知られる市販の歯痛外用薬に用いられているチョウジがあります。

日本では丁子(ちょうじ)や丁香(ちょうこう)とも呼ばれ、5~6世紀には渡来していたようです。

チョウジには、特有の臭いがありますが、この香気は主成分のオイゲノールによるものです。「今治水」にも使われているチョウジ油の精油成分オイゲノールには、鎮静、鎮痙、局所麻酔作用、さらに抗菌作用もあることがわかっています。

鎮痛というのは麻酔と同じことで、一時的に痛みを抑えるだけです。

防腐作用がある

さらにモーニングカレーダイエットは「リバウンド」知らずにはこんなことが書かれていました。

インドネシア原産。フトモモ科常緑樹の花のつぼみを、日干しして乾燥させたものです。クローブという名前は、釘(くぎ)を意味するフランス語のClouが変化したもの。

ホールの形が釘に似ているためです。漢方名は丁字、または丁子ですが、こちらは漢字の「丁」の字に似ていることが語源です。

強力な防腐作用があり、古代エジプトではミイラづくりに使われていました。また、中世ヨーロッパでは、ペスト治療に携わる医師がクローブを詰めた防毒マスクをしていたといわれています。

香りが甘く、豊かで、百里もの遠くからでも香るということから「百里香」とも呼ばれます。

パウダーもありますが、とくに香りを活かしたい場合はホールでつかいましょう。つぶしたときに、香りが強く立ちます。

食品の不快なにおいを消す作用もあり、こんなときは手軽にパウダーが使えます。

インドでは歯痛や口臭消し、神経痛の薬として利用されています。日本で明治時代から現在も販売されている歯痛薬の「新今治水(こんじすい)」も、丁子油、つまりクローブの精油を主剤としています。

まとめ

初めてクローブを買ってきて袋を開けたとき、においをかいで「薬だ」と思いました。どこかでかいだことがあるにおいなのですが、思い出せなかった。

あとで今治水と知って、そうだそうだと思い出したのでした。においの記憶はなかなか長持ちします。

ところで、クローブ(ホール)は頻繁に使うスパイスではないですが、私はいつも香りがよいのでGABANの100g入りを買います。割安だからです。そして冷凍庫に保存しています。余裕で2年以上持ちます。

ネットで買うのもよいですが、乾物屋さんやカルディのような輸入食料品店で注文して取り寄せてもらえます。こちらの方が、送料がかからないので安く買えます。

スポンサーリンク
レクタングル大