ターメリックの効果:カレーに使うスパイス

ターメリックについて詳しく調べてみました。主にターメリックの効果についてです。ターメリックはカレーに使うスパイスの中の一つです。

ターメリック

ターメリックはカレーの黄色を出す成分です。ショウガの仲間です。ターメリックはウコンといわれますが、正確には秋ウコンのことです。ウコンには春ウコンと秋ウコンがあり、同一のものではなく、近縁種だそうです。

からだにはどんな効果があるのでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル大

肝臓を守る

ハーブ&スパイス事典: 世界で使われる256種を読むと大体のことがわかります。

カレーパウダーに欠かせない材料で、カレーの黄色はこのスパイスの色。染料の目的で使用されていたとの記述も多くある。

苦みがあるが、コリアンダーパウダーやクミンシードパウダーなど、ほかのスパイスと合わせると食べやすくなり、インドのカレー料理全般によく使われる。

南アジア料理でも頻繁に使用されている。西洋ではブレンドマスタードに入っている場合もある。

ターメリックの色素成分はクルクミンと呼ばれ、抗酸化力が高いといわれており、アジアでは強壮剤や肝臓病の改善などにも利用されている。

肝臓や胆のう機能を促すため、アルコール性肝炎の予防などにも。軟膏に混ぜて皮膚疾患に処方される場合もある。

アーユルヴェーダでは、ターメリックは天然の抗生物質として考えられている。漢方の生薬「鬱金」としては、気をめぐらす効能があるため、精神の不安症状の緩和、血流障害の改善などにも処方される。

アレルギーを予防する

ターメリックはカレーに必ず入れます。粉っぽいショウガみたいな風味があります。苦いです。

ターメリックの主成分はクルクミンとその類似化合物です。クルクミンについて研究や実験が行われているようです。

クルクミン

クルクミンは、Ⅰ型とⅣ型のアレルギーを緩和する効果が報告されています。Ⅰ型は、たとえば、アレルギー性鼻炎、喘息、アトピー性皮膚炎に関係があります。IgE抗体が肥満細胞に結合することで、ヒスタミンなどアレルギー関連物質が放出されて起きます。

花粉症の季節になると、よくテレビCMでも流れます。

Ⅳ型アレルギーは、金属アレルギーやウルシかぶれが該当します。アレルギーの原因となる抗原と反応したT細胞から出た生理活性物質によって起きます。

動物実験では、クルクミンがこれらのアレルギーを抑えることが分かりましたが、なぜ抑えるのかは分かっていないようです。

この実験でのクルクミンの投与量は、体重六〇㎏の人なら六〇〇mg~二.四gにもなる量です。一皿のカレーに含まれるクルクミンは五mg程度ですから、カレーを食べてアレルギーを予防するのはむずかしいでしょう。

スパイスなんでも小辞典にはこのように書かれていました。

しかし、足りないからといって、ターメリックを買ってきて飲んだり、クルクミンのサプリメントを買って来て飲む気にはならないです。

カレーを食べる頻度を増やそうと思いました。私、カレーが好きで、毎日カレーがでてきてもOKです。

生理痛や上腹部痛に

世界一やさしい! 野菜薬膳食材事典にはこんな効果が書かれていました。

「気(き)」の巡りをよくし、血流を改善するため、生理痛や肩こり、おなかが張って起こる上腹部の痛みなどに有効。

また、胸のつかえ感をとったり、心を安定させる働きもあり、気持ちの高ぶりによる鼻血を止めるのにも用いられます。

厨房での切り傷や火傷の応急処置に

カレー大全 カレー伝道師の160話にはこんな話が書かれていました。

日本でもターメリック=ウコンが、栄養補助食品として着目されている。これは、ウコンの黄色い成分クルクミンが俗に活性酸素を抑制し、抗酸化や抗がん、殺菌作用に効果があるとされているためだ。

また、沖縄地方ではウコンは酒飲みの友といわれるほど、二日酔い防止や肝機能の保護にもすぐれているといわれる。

ターメリックにも、老化、生活習慣病などに有効とされるほか、抗がん作用食品リストであるデザイナーフーズが発表されたときに、上位にリストアップされた経緯がある。

インドの人たちもこのターメリックの効果をよく認識しているようで、幅広く活用している。

台所で切り傷や火傷を負ったとき、応急処置としてターメリックの粉を傷口にふりかける。そうすると止血も早く、化膿もせずにすぐに治癒する。

また、インドの女性たちは、ターメリックとヨーグルトを混ぜたものを顔や腕に塗りつけてパックに使う。ターメリックには美肌と脱毛効果もあるらしい。

しかし、もっと効率がよいのは、食事として自然に摂り込むことだ。ターメリックそのものには苦みがあるし、使いすぎると料理の色合いも濁ってしまう。

毎日少量ずつ摂るようにするほうが、かえって効率はよいだろう。

たまに包丁で切り傷ができたりします。そんなときにはためしてみようと思いました。こういう作用があるということは、お腹の中でも同じ効果を持つんだろうなと思います。

注意する点

ハーブ&スパイス事典: 世界で使われる256種からです。

妊娠中または授乳中に使用しない。胃潰瘍、胃酸過多、胆道閉鎖症の場合は使用しない。胆石の場合は医師に相談のこと。過剰摂取、または長期にわたる大量摂取は控える。

まとめ

カレーは刺激物だから、お腹の調子の悪いときは食べてはいけないなんて、ずっと思い込んでいました。自分でスパイスを揃えて作るようになると、そんなことは誤解だとわかるようになります。

ターメリックに、傷を早くなおしてくれる働きがあるなら、カレーはお腹の調子が悪い時に食べてはいけないどころか、むしろ、食べてよいものと考えてもよさそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル大