ビタミンB6

ビタミンB6はリン酸化され補酵素として働く

この記事では、ビタミンB6について、特徴、作用、ビタミンB6が欠乏するとどうなるか。また、ビタミンB6を過剰摂取すると害があるか。ある程度多く飲むと効果があるのか。たくさん含まれている食品、一日の摂取量について調べました。 ビ...
ビタミンK

ビタミンKに過剰症はない

この記事では、ビタミンKについて、ビタミンKの特徴、作用、欠乏するとどうなるのか。また過剰摂取で害はあるのか。多く含まれる食品と1日の摂取量、発見の歴史について調べました。 ビタミンKの特徴 ビタミンKは血液凝固に関係しているビ...
ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用がある

この記事では、ビタミンEについて、どのようなものなのか。ビタミンEの作用、欠乏するとどうなるのか。ビタミンEの効果、1日の摂取量、ビタミンEが多い食品、そして発見の歴史について調べました。 ビタミンEとは ビタミン E には、4...
スポンサーリンク
ビタミンD

ビタミンD発見の歴史

この記事では、ビタミンD発見の歴史は、すでによく知られていたくる病とその予防と治療になるタラ肝油がもとになっています。しかし、実際は、制限食餌という、設計された餌で飼育されていたラットがくる病になり、そこで原因物質がつきとめられてビタミンD...
ビタミンD

ビタミンDの過剰摂取はいけないが高摂取は望ましいとか

この記事では、ビタミンDについて、ビタミンDの種類、ビタミンDの作用、欠乏するとどうなるか。またビタミンDの効果や、過剰摂取するとどうなるか。1日の摂取量、ビタミンDが多い食品について調べました。 あん肝にはビタミンDがたくさ...
ビタミンA

ビタミンA発見の歴史は夜盲症の治療から

ビタミンAがどのように発見されたのか。ビタミンA欠乏症の夜盲症は肝臓(レバー)を食べれば治ることは、はるか昔から知られていました。しかし、そのこととビタミンAは結びつかず、ビタミンAはバターから分離されました。 ビタミンAにつ...
ビタミンA

ビタミンAは過剰摂取に注意する

この記事では、ビタミンAの種類と、ビタミンAの作用と欠乏した場合に期待できる効果、1日の摂取量、ビタミンAが多い食品、過剰摂取には害があることについてお知らせします。 レバー刺しは衛生上食べられなくなりましたが、ビタミンAがとても多か...
ナイアシン

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミド

この記事では、ナイアシン(ビタミンB3)について、どんな働きをするのか、一日の必要量について、ナイアシンが多く含まれる食品、過剰摂取について害があるのか、またナイアシンの効果について調べました。 何でたらこの画像がと思われたでしょう。...
ナイアシン

ナイアシン発見の歴史はペラグラの予防と治療から

この記事では、ナイアシン発見のきっかけとなったペラグラという病気と、ペラグラが伝染病ではなく、食事の内容で予防・治療できることを発見したジョゼフ・ゴールドバーガーと、彼の行った実験について書きます。 なぜ、たらこが出てくるんだと思われ...
ビタミンB2

ビタミンB2は脂質代謝に重要

ビタミンB2は、化学名ではリボフラビンといわれます。脂質の代謝にとても重要なビタミンです。この記事では、ビタミンB2の1日の必要量、ビタミンB2を多く含む食品、欠乏するとどうなるか、発見の歴史について書きます。 ほとんどの食品...
ビタミンB1

ビタミンB1発見の歴史を調べてみた

ビタミンB1がどのような経緯で発見されたのか調べてみました。初めて知りましたが、ビタミンB1の発見は、白米を食べ続けると脚気を発病することがきっかけになっています。 麦を食べる西洋人は脚気になる心配がありません。 米のぬかにはと...
ビタミンB1

ビタミンB1は糖からエネルギーを作るのに関わる

この記事では、ビタミンB1について、ビタミンB1とはどのようなものか。不足するとどうなるか。脚気とはどんな病気なのか。過剰摂取はあるか。多く含まれている食品にはどんなものがあるか。一日の摂取量などについて調べてみました。 ビタミンB1...
ビタミンC

風邪にビタミンCは効果があるのか調べてみた

この記事では、ビタミンCは風邪に効果があるのか、もしあるならどのくらいビタミンCを飲むと効果が得られるのか調べてみました。 風邪をひいたときどのくらいビタミンCを飲むのか まだ、毎日ビタミンCを飲むようになってから日が浅いので、...
ビタミンC

ビタミンCの過剰摂取について

ビタミンCの過剰摂取について調べてみました。ビタミンCを毎日飲むようになり、一度に4gくらい飲むと、おならが出たり下痢しました。しかし、1g程度を1日に何度か飲んでも何ともありません。気になっていたのは結石のことですがあまり心配しなくてもよさそうです。
ビタミンC

ビタミンCは飲むと体に貯蔵される

ビタミンCが体の中に貯蔵されること。どこにどのくらい貯蔵されるか。ビタミンCを体の中に貯蔵しやすい飲み方について調べました。体内の貯蔵量は4.5gくらいになるようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました