きのこは毎日のように食べているとよいみたい

きのこの効果について調べました。全般的には食物繊維とオルニチンが多く、食物繊維には免疫に関係があるβ-グルカンが含まれています。脂肪肝を予防したり、体重が減ったり、花粉症が軽くなったり、風邪を引きにくくなったりよさそうですよ。

ぶなしめじ

先日、β-グルカンってどんなものでなぜ効果があるのか調べてみたという記事を書いてから、きのこに興味をもって、いろいろと調べています。

β-グルカンはきのこに含まれる食物繊維の一つで、免疫細胞を刺激して活発化させる働きがあります。

β-グルカンが体によいと知って20年くらいたちました。もともとはアガリクスというキノコから知りました。β-グルカンは、どのような構造で、どん...

ホクトのきのこレシピ おいしく、きれいに、健康に。を読みました。

きのこの会社、ホクトが出す本だから、きのこをもっと食べましょうということがテーマなのですが、なかなか面白い本です。知らなかったことがたくさん書かれていました。

スポンサーリンク
レクタングル大

きのこの全般的な効果

食物繊維が多い

上で書いたことと重複しますが、きのこには食物繊維が多く、特にβ-グルカンが含まれているのが特徴です。β-グルカンは熱を加えても壊れにくい性質があり、調理してもなくなる心配はありません。

オルニチンが多い

オルニチンは、シジミに含まれるアミノ酸の一つで、肝臓の働きをたすけてくれる成分としてよく知られています。二日酔いにはシジミの味噌汁がよいといわれていますが、きのこにオルニチンはとても多く、例えばブナシメジには、シジミの7倍の量が含まれているそうです。

二日酔いにきのこの味噌汁もよさそうです。

エリンギ、マイタケ、ブナシメジ・ブナピーについてそれぞれ特有の効果が書かれていました。

きのこの食品分析

それぞれの効果を説明する前に、栄養成分を見てみましょう。きのこってどんな成分からできているのかと思ったら、ほとんどが水分です。

たんぱく質が多いわけでも、ビタミンが多いわけでもないのです。からだによいといわれますが、多少、食物繊維が多いくらいで、特徴はほとんど感じられません。

100gあたりの栄養成分
(日本食品標準成分表2015年版から引用)
えりんぎ生 まいたけ生 ぶなしめじ生
エネルギー 19kcal 15kcal 18kcal
水分 90.2g 92.7g 90.8g
たんぱく質 2.8g 2.0g 2.7g
脂質 0.4g 0.5g 0.6g
炭水化物 6.0g 4.4g 5.0g
カリウム 340mg 230mg 380mg
カルシウム Tr Tr 1mg
マグネシウム 12mg 10mg 11mg
リン 89mg 54mg 100mg
0.3mg 0.2mg 0.4mg
亜鉛 0.6mg 0.7mg 0.5mg
レチノール活性当量 0 0 0
ビタミンD 1.2μg 4.9μg 0.6μg
α-トコフェロール 0 0 0
ビタミンB1 0.11mg 0.09mg 0.16mg
ビタミンB2 0.22mg 0.19mg 0.16mg
ビタミンC 0 0 0
食物繊維総量 3.4g 3.5g 3.7g

エリンギ

えりんぎ

エリンギは八百屋さんに行くと1パック150円という感じです。

脂肪肝を予防する

コレステロールを摂りすぎると、肝臓への脂肪沈着が進み、”脂肪肝”と呼ばれる肝障害を患うことがあります。

動物実験により、過剰なコレステロール摂取に加えてエリンギを食べると、肝臓への脂肪沈着を抑えられることがわかりました。

したがって、エリンギには肝障害を予防する、という効果が期待されています。

花粉症の軽減効果&風邪予防の効果が

免疫グロブリンA(IgA)という成分をご存知でしょうか?

人の免疫システムに関わるタンパク質の一つで、消化管や呼吸器の粘膜において免疫細胞から分泌され、微生物やウイルス、アレルゲンなどと結合して、体内への侵入を阻止する働きを持っています。

16人の成人に1日100gのエリンギをお好みで調理してもらい、2週間摂取してもらったところ、16人中11人において、この免疫グロブリンAが増加していました。

マイタケ

マイタケは1パック100~150円で買えます。味が結構あって、味噌汁にいれるとだしが濃く出ます。

肌荒れを改善する

皮膚はストレスの影響を受けやすい部分です。ストレスがかかると、皮膚機能が悪くなり、肌荒れやアトピー性皮膚炎が悪化することが知られています。

さまざまな実験の結果、マイタケを食べることで、①ストレスによる皮膚バリア機能の低下を予防できること、②ストレスによる表皮の血流量の低下を抑制できること、が明らかになりました。

この結果より、肌荒れの改善や美容促進効果などが期待できることがわかりました。

抗アレルギー作用

免疫細胞の一つであるマスト細胞は、花粉などのアレルゲンに反応してヒスタミンというアレルギー反応の引き金となる物質を放出します。

マイタケの成分にはマスト細胞のヒスタミン放出を抑制する働きがあり、アレルギー症状の予防、改善に効果が期待できることがわかりました。

ブナシメジ・ブナピー

下の画像はブナピーです。ブナピーは白いきのこです。形はブナシメジと変わりありません。ホクトのサイトを読むと、ブナシメジの色の白いもの同士を交配してできた白いきのこのことをブナピーと呼んでいます。(出典

この記事の一番上にある画像がブナシメジです。

インフルエンザ予防に

動物実験において、インフルエンザ感染後の生存率の低下が抑制されたり、体重の低下が抑制されるなど、感染症状を軽減させる効果が見られました。

ブナピーが動脈硬化を抑制?

血液中に過剰なコレステロールがあると、動脈硬化が進行します。動脈硬化は動脈瘤(どうみゃくりゅう)の原因になったり、血栓ができやすくなって、心筋梗塞(こうそく)、脳梗塞などの原因になります。

ブナピーは、血中コレステロールを低下させて、動脈硬化を抑制する効果が期待できることがわかりました。

 ホクト社員さんの声を読むと

ホクトの社員さんは、当たり前ですが、自社のきのこをよく食べています。風邪を引かなくなった、入社以来、花粉症が年々軽くなっている、1年で8キロやせた、便通がよく、肌がきれいになったと書かれていました。

このような話は私も食品会社に勤めていたので、よくわかりとても参考になります。勤めているときのこ好きになるに決まっています。うらやましい。

気になること

培地の放射性物質検査

震災後、しばらくしてから(ホクトというわけではないですが)問題になっていました。私も覚えています。原木や培地になる木くずが問題だったようです。これについてはこのように書かれていました。

きのこの栽培に使用する培地は、毎月放射性物質検査を、透明性の高い第三者検査機関に依頼し、検出されないことを確認しています。

どうぞ安心して安全なホクトのきのこをお召し上がりください。

きのこは洗いますか?

きのこをパックから出して、さっと洗っていましたが、果たして洗った方がよいのか時々思うことがありました。かなりコントロールされた環境で栽培されているだろうと思ったからです。

やはり、洗う必要はないそうです。

洗わないで調理する

ホクトのきのこは、水洗いが不要です!というのも、「きのこセンター」という工場の中に、栽培に適した自然環境を再現し、直接人の手にふれない環境で栽培しているからです。

ホクトの社員がセンターに入るときは、手、靴の消毒はもちろん、服についている細かいホコリや髪の毛などもしっかりとり除くという、徹底した衛生管理を行っています。

このような清潔な環境で育ったきのこですから、洗う必要はありません。逆に洗ってしまうと水っぽくなってし、きのこのおいしさが半減してしまいます。

どうしても気になる方は、サッと軽く水洗いするか、濡れたキッチンペーパーで拭く程度でもいいでしょう。

まとめ

きのこのおいしさを知ったのは、ずっと昔、山小屋で働いていた時でした。バターや油で炒めると、とてもおいしいのです。

おいしくてからだによいのがいいですね。そして1パック100円程度でいつも八百屋さんで買えるのもよいところです。

きのこもサプリメントに加工されると、急に値段が上がり、中身もなんだかわからなくなります。売るのが大変なので、最初に効果が強調されますが、私はサプリメントは嫌いなので買いません。

昔からきのこを食べると体によいとよく知られています。特有の効果があるから食べるというより、きのこはおいしくて食べているとついでにこんな効果もあると思っていただければよいと思います。

1パックだいたい100円で、おいしくてからだにもよいきのこ。毎日のように食べるようにしたいものです。

最後にホクトのサイトへリンクを貼っておきます。

おいしいきのこはホクト♪のHPでは、きのこの料理レシピ、きのこの健康情報、きのこの種類の紹介など、きのこに関する情報が盛りだくさん!
スポンサーリンク
レクタングル大