ぶなしめじの栄養成分にはあまり特徴がなかった

ぶなしめじは味にクセがなくて食べやすく、豚汁、シチュー、カレーに入れます。2パック150円など価格も安い割りにボリュームがあります。ぶなしめじ、何となく使っているのですが、どんな栄養成分が入っているのでしょう。調べてみました。

ぶなしめじ

スポンサーリンク
レクタングル大

ぶなしめじの栄養成分

栄養成分を調べてみましたが、カリウムがやや多く、ビタミンDは生しいたけより多く、食物繊維総量が割りと多い。

新・野菜の便利帖健康編には、このように書かれていました。

ぶなしめじの栄養面の特徴は、生活習慣病に役立つ食物繊維や、ビタミンDにかわるエルゴステロール、エネルギー代謝に関わるビタミンB1などが多いこと。

ただ、どれも特別多いというわけではないです。

100gあたりの栄養成分
出典
ぶなしめじ生
エネルギー 18kcal
水分 90.8g
たんぱく質 2.7g
脂質 0.6g
炭水化物 5.0g
カリウム 380mg
カルシウム 1mg
マグネシウム 11mg
リン 100mg
0.4mg
亜鉛 0.5mg
レチノール活性当量 0
ビタミンD 0.6μg
α-トコフェロール 0
ビタミンB1 0.16mg
ビタミンB2 0.16mg
ビタミンC 0
食物繊維総量 3.7g

ぶなしめじの効果

きのこが体によいというのは、例えば制がん効果のある物質が発見されることがあるからです。20年以上前、アガリクスのβグルカンががんによいとかで話題になっていたことがあります。霊芝(れいし)も昔から有名です。

ぶなしめじはどんな効果があるのだろうと思って調べましたが、はっきりとした効果はよく分かりませんでした。また分かれば、この部分を更新しておきます。

念入りに検索していると、ブナシメジ(Hypsizygus marmoreus)成分のがん細胞増殖抑制効果という論文の抄録が見つかりました。

ブナシメジ野生種28菌株および栽培品種2菌株をおがくず培地で栽培し,収穫後凍結乾燥した子実体からアセトン抽出物を調整した.

これらのアセトン抽出物がHL60ヒト白血病細胞およびHT29ヒト大腸がん細胞の増殖におよぼす影響を調べた.

この結果,両細胞に対する増殖抑制効果にはブナシメジ菌株間で差異が認められ,どちらの細胞に対しても高い増殖抑制効果を示す菌株が認められた.

なんとなくがんによいのかもしれないかも程度に思っておけばよいと思います。

ぶなしめじの保存方法

パックから出さないで冷蔵庫の野菜室に入れます。ぶなしめじは案外日持ちします。

まとめ

いつも買っているぶなしめじは、食感がよくて好きなのですが、あまりこれといった特徴がないことが分かりました。まいたけを買った方がよいのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大