たまねぎは血圧を下げる強い味方

たまねぎはいつも買い置きがあり、切らすことがありません。日持ちがして生でも炒めてもおいしく食べられます。そして高血圧対策には強力な食べものです。私の友人はたまねぎで200以上あった血圧を120までもどしました。

この記事では、たまねぎの栄養成分と血圧を下げる酢たまねぎについてもお知らせしましょう。

たまねぎ

スポンサーリンク
レクタングル大

新たまねぎは3~5月

毎年春先になると新たまねぎがでてきます。よく乾かしていないので早く傷みますが、辛くなくてスライスしたらすぐに食べられます。

たまねぎの栄養成分

たまねぎには紫色のものもありますが、成分分析表を見ると、普通のたまねぎとほとんど変わりません。普通のたまねぎの栄養成分を載せます。紫たまねぎの紫色は、色素アントシアニンによるものです。アントシアニンは抗酸化作用をもつポリフェノールです。

Trは、痕跡量(Trace)の意味です。数字にできない量です。栄養成分としてはほとんど特徴がありません。

100gあたり栄養成分(出典
たまねぎ生
カロリー 37kcal
水分 89.7g
たんぱく質 1.0g
脂質 Tr
炭水化物 8.8g
カリウム 150mg
ビタミンC 8mg

香味成分アリシン

アリシンは硫化アリルの一種です。たまねぎを切った時に目にしみますが、この成分がアリシンです。機能性表示食品対応版 からだに効く! 野菜の新図鑑にはこのように説明されていました。

アリシンは、疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を高める働きがあるので、疲れたときには合わせてとると効果的。(中略)

アリシン自体には、血液をサラサラにする作用があり、血栓の予防に効果があるといわれています。

また、血中コレステロールを下げる働きがあるので、高血圧や動脈硬化の予防も期待できます。ただし、サラサラ効果には生で食べるのがおすすめです。

ビタミンB1が多い食品は、豚肉全般、うなぎ、鶏レバーなどです。豚肉とたまねぎの炒めものはなかなかおいしいですね。

切ったたまねぎは水にさらさないでしばらく置く

たまねぎは辛いので水にさらして食べていましたが、これではアリシンが水に溶けて流れてしまいます。

たまねぎを切ってしばらく置いておくと辛さは収まります。しかも、アリシンが増えるのです。水にさらさずしばらく置いてから使う。できれば生で。それが一番よい方法です。

ケルセチン

新・野菜の便利帖健康編には、このように書かれていました。ただし、一般的な品種では、おもに外皮(茶色い)に含まれています。

たまねぎやお茶などに多く含まれるポリフェノールの一種。すぐれた抗酸化作用があるため、老化防止に有効。

また、脂肪分解にかかわる酵素を活性化するため、肥満の予防・改善にも役立つと考えられています。

このほか、血行改善、抗アレルギー効果なども期待されています。

酢たまねぎがおすすめ

私の友人が酢たまねぎを毎日食べ続けて、血圧測定不能(200以上)状態から、通常の70-120くらいまで下がったことがあります。

毎日、食事のときに必ず少しずつでも食べることで意外と早く効果がでます。つくり方は簡単です。

用意するものは、空きビンもしくは容器(ガラス)とお酢とたまねぎだけです。たまねぎはみじん切りにする必要はありません。薄くスライスして30分程度そのまま置いておきます。空気にさらしてアリシンを増やすのです。

そしてビンに詰めてお酢を入れて完成。1日置けば食べられます。黒粒コショウを入れたり味の変化をつけてもよいかもしれません。はちみつを入れる人もいます。

酢たまねぎを出すときに、お酢も一緒にかけて食べてしまえば効果が増します。お酢の消費量が増えるでしょう。

うちでは、最近、お酢を一升ビンで買っています。

お酢は抗菌作用があるといわれていますが、あまり大したことがないだろうと思っていました。調べてみると、思ったよりも強い酸性を示し、抗菌力が強いことが分かりました。そんな酢を使った酢玉ねぎと酢ショウガの作り方もお知らせします。お酢の酸性はなかな

酢たまねぎを作っておくと、なかなか便利です。ポテトサラダに混ぜたり、他の野菜を切ってサラダの上にのせるとおいしく食べられます。

つくる時のコツは、空きビン(容器)を2つ用意して仕込むことです。こうすると切らさないですみます。お酢はつぎ足しをしないで毎回新しく入れた方がよいです。

たまねぎの保存方法

たまねぎは湿気に弱いので、風通しのよい場所に保存しましょう。農家にうかがうと、網に入れて日の当たらない風通しのよいところにぶら下げているのを見たことがあります。

切ったものはラップで包んで冷蔵庫へ。新玉ねぎは乾燥させずに出荷されているので、いたみやすいです。早めに食べきるようにしてください。

まとめ

たまねぎは、主役になれない野菜ですが、生でも煮ても焼いても炒めてもおいしく食べられます。主な産地は、北海道、佐賀、兵庫だそうです。

これまで1年中当たり前に買えるものだとおもっていましたが、ここ数年、連続して台風が来たり大雨が降るなどの天候不順で、端境期ができつつあります。特に昨年のように北海道が大雨に遭うと、しばらく無理矢理出荷された(?)小玉のたまねぎばかり食べる羽目になります。

血圧の高い方は、効果があるので、酢たまねぎを是非食べてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大